「木想館」プレオープンとIさんの施主検査

2005.9.3|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日と明日の2日間、彩都「暮らしのギャラリー木想館」のプレオープン日です。本番のグランドオープン(9月10日)と「木の家」フォーラム(9月7日)に先駆けて、KJ WORKSスタッフの慣らしも踏まえた、OBのお客さんや契約済みのお客さん、彩都にお住まいの地域住民の方々を対象に、内覧会を開催いたしました。

KJ WORKSの事務所から『Furniture Studio かぐら』、『阿蘇小国の家展示情報館』、木材倉庫、多目的ルームなどの全てを見ていただく内容です。初日は、まだ詳しくは最終確認していませんが、約55組130人以上のご来場の方々が来られたようです。懐かしい顔ぶれの方々に、久しぶりにお会いし、お互いに結構積もる話も多くありました。こうした交流は、グランドオープン日では、人が一杯で、とても話し合える可能性も少なく、あえて、慣らしの他に、交流も目的のひとつでした。

ご覧の写真は、彩都「暮らしのギャラリー木想館」かぐら館1階の『Furniture Studio かぐら』の正面の様子です。

夕方から、大阪市のIさんの家で、施主検査を執り行いました。下の写真は、明日、Iさんが独自に身内の方を集めて行う完成見学会お披露目の和室とその資料色々です。KJ WORKSの新しいパンフレットやKJ WORKSの掲載記事の載った本、阿蘇小国の家のパンフレット、Iさんがこさえた自宅の案内文など、これも色々です。本来であれば、通常は、KJ WORKSで見学会をするのですが、本日や明日両日の内覧会や本番前での混乱を避けるために、KJ WORKSの見学会は今回、見送らせて頂いたのです。