箕面のNさんの家

2005.11.3|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

11月19日(土)と20日(日)の午後1時から4時まで予約制で開催される箕面市のNさんの家の、建物施主検査に立ち会いました。まだ、外構工事は途中なのですが、まずは建物の検査と相成りました。

この建物の壁は、真っ白な大壁(柱が現れない)で、天井は梁桁は現れるものの、2階の床板は見えるのではなく、その部分も真っ白なペイント仕上げの木の家です。そして木材は熊本県の小国杉によるOMソーラーの家です。後々、薪ストーブも設置できるように場所設定も考えて見ました。

ロフトは子供さん二人が占領するとあって、ご主人には箕面の山々が一望でき、また、晩は大阪市内方面の夜景が絶品のご夫婦でお酒のすすむお宝の場所となりました。ご覧のように、OMの屋根も真横にあるOMの屋根メンテナンスも容易な屋上でもあります。

キッチンはご覧のようなIランド型で、Iランドカウンターはカツラの無垢板です。ご馳走づくりで、どんなにしくじったとしても美味しく頂ける雰囲気のキッチンです?

そして、ロフトに上るはしごは、オレンジ色の壁にくっついたスチール製のわっぱで、ロフトから降りる時は消防士同様手摺り棒です。このオレンジ色は、建築中の柱に取付けた養生カバーの色を似せたのですが、それよりも綺麗に仕上げってしまいました。

そんな楽しいOMソーラーのNさんの家、ぜひ見に来てください。


屋根の一部を屋上にした景色の良い場所です。


Iランドキッチンは、コンロ側をステンレストップに、シンク側を無垢のカツラ材でつくりました。


ロフトへ上るはしごと降りる手摺棒は、スチールでつくりました。