「ちきゅう住宅 審査員・検査員講習会」に出席しました

2005.3.17|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

17日(木)、東京の建築会館で、KJ WORKSが加盟するSAREX主催のちきゅう住宅認定事業「ちきゅう住宅 審査員・検査員講習会」に出席しました。そして、めでたく「ちきゅう住宅 審査員・検査員登録証」を取得させて頂きました。

この資格は、(財)住宅保証機構の住宅性能保証制度(10年瑕疵担保保証)の、建築建物の現地で2回必要な機構の検査の内、第1回目の基礎配筋等検査を私が検査官として行なえる資格です。そうする事で住い手の方にも保証費用の負担を減額できる制度です。

午後1時過ぎから半日のみっちり講習でしたが、結構知らない身近な内容を復唱する意味でも内容の濃いものでした。KJ WORKSではOM共済会による保証制度を使うことが非常に多いのですが、今後、一般的には割高な(財)住宅保証機構の住宅性能保証制度の活用がSAREXのメンバーであるという事で、割安な保証費用として住い手の方に貢献できそうです。

※ちきゅう住宅とは、「全建連」が(財)住宅保証機構の「特定住宅」として認定された住宅資格で、その「全建連」にSAREXが所属している形ですのでSAREXは、ちきゅう住宅の有利な保証制度が利用できるという訳です。

≪略称語≫
・SAREX=住環境価値向上事業協同組合
・全建連=(社)全国中小建築工事業団体連合会
・ちきゅう住宅=地域木造優良住宅(地域のち、木造のき、優良のゆう・・・で、ちきゅう)