久しぶりに寝坊できた祝日

2005.3.21|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉


朝6時半に陸上の記録会とやらで、中学2年の長男を駅に送り、帰ってからまたベッドで一眠り。久しぶりに今日は仕事の予定が入っていませんでしたので、気がつけばお昼でした。昼ごはんを知らせに下の長女が起こしに来なければ、まだまだ寝ているところでした。

起きて直ぐに、先日、岩手で買い求めた「いなにわうどん:本当は秋田名物なんですが」を寝ぼけ眼て、ボーッとした脳の停止状態でありながら美味しく頂き、本当に気持ちの良い日です。

外は晴天で、食卓とアトリエの間にあるデッキから我が家の屋根を写して見ました。日頃お世話になっている大きなOMの屋根と薪ストーブの煙突に思わず感謝しました。。

昼間の天気の良い日にあまりめぐり合った事が無い私は、デッキから室内に入って思わず、OMの臭いを自宅で味わってしまいました。OMの家に住む人には良く分かるこの臭いなんでが・・・・・・

こんな気持ちが良い日なのに、この季節、家の外では例年とは桁外れのスギ花粉が飛びまわっているとか!我が家の奥さんと下の長女もやっぱり、その花粉症でして、自宅に帰ると、花粉を取り払い部屋に入るそうです。ですから快晴なのに、外に喜んで出ようとはしません。

出るときは、ジェイソンマスク?(先の尖がったやつ)を着けて出かけるようです。この花粉症、日進月歩の世の中ですから、完治する処方が早くできないものでしょうか?水素を使った排気ガスの無い車や暖房機、給湯器などが普及すれば、処方箋が無くても花粉症は俄然減るのでしょうが!