ファニチャースタジオ・かぐら

2005.3.26|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もほとんど、明日に近い時間?ですので、投稿する頃は明日になっているかもしれませんがご容赦下さい。

彩都「暮らしのギャラリー木想館」のオープンを9月と決めて、その施設内のデザインや仕上、KJ WORKSの十八番である手づくりキッチンや手づくり家具(椅子、テーブル、収納)の配置、形を考えはじめると仕事が何もできなくなってしまいます。

今まで、理想郷としての「暮らしのギャラリー木想館」を10年以上前から考え暖めてきたのですが、その全ての内容が時間経過と共に全く新たな流れとなっていくものですから、今考えられる事すら、完成の時には既に手遅れかもしれないし、てんでナンセンスかもしれないし?と考え出したら切がありません。

そんな中、本来、家具屋であった私が、この住宅業界に入って完全特化してからでも既に13年になります。特化するまでは、家具仕事があればお受けし、内装工事が有れば喜んで・・・、増改築工事があれば毎度あり!新築があれば大喜び!木の家の新築工事が有れば最高!という感じでしたが、今では新築主体となって、そこに年間、全面改築や増築が7件ほどで、家具工事のみでは全くお受けしておりませんでした。

それが、先月、彩都の某ハウスメーカーにお住まいの方をOB客の方から紹介して頂き、ダイネットカウンターをダイネットカウンター兼飾り棚でしかも、それまではセンスの無いゴムの木(イースタンオークというこじつけ名)の集成材製品を既存の家具に合わせてウォールナットで製作して3月はじめに設置しました。

これから取り組む地域であり、今後お世話になる地域でも有るということで、この彩都界隈からリフォーム工事からの取組みという方針で私自身が引き受けたのです。

結果、お客さんには喜ばれるし、久しぶりの家具らしい出来栄え?に、彩都「暮らしのギャラリー木想館」で開く、『ファニチャースタジオ・かぐら』の船出としては結構感激的なものでした。

また、他の仕事がおろそかになるかもしれませんが、精一杯、人の集まりやすい、彩都にしかない、楽しく!癒される!心地の良い!素敵な『かぐら』にしようと思えてきました。

旭川の家具や暮らしに役立ち癒される小物家具、信州、飛騨、徳島などの家具(椅子、テーブル、ソファ)も満載となる『ファニチャースタジオ・かぐら』を阿蘇小国の家展示情報館、大工家具工房他共々お楽しみにしてください。