2004年5月

2004.5.1|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉


5月21日(金)の朝、美ヶ原高原の山頂付近からビーナスラインを霧が峰に向かって車で走る途中、新緑の唐松林に向かってシャッターをきりました。唐松林に混じって白樺の木もあります。近くに行って触った唐松の葉っぱは、少しも刺々しくなく、ふわ ふわとした柔らかな細かい葉でした。あいにくの曇り空ではありましたが、この頃の信州は秋と違い、森林浴満載の場所です。