日本人の善きDNAの継承は必ず成功する!

2013.2.20|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

最近の学びでしみじみ感じさせられる言葉や文字があります。

その文字や言葉は、全て、うわべではなく、実践し、体得した生のコトから現れています。

日本人の清い美とは、そのプロセスにある!

・終わりのない美しさ・・・例えば手づくりで表現する自然の陶器。

・不足の美・・・・・・・・成長欲のある人が人財(完成した人ではなく、一緒に成長する 過程が大事)

・小さきモノは皆美しい。

人の背中をみて覚えろ!

・見るのではなく、観る。

・技術ではなく、立居振舞いを体得する。

・生活の尊い態度を体得する。

感性とは、些事に気づく眼!

・眼に思想を持て。

・漠然と見ること、「まあ、いいや!」は絶対に持たないこと。

・観察とは、観て察すること・・・それによって次の行動を察する。

不満足が極上を生む!

◎容易の中に困難さを見つける

・不満足の発見は、気づきの力・・・それは作法から教わる。

・Output(行動力)を前提にすると、input能力が広がる。

・行動化でより見える力が備わる。

良い環境が良い品質を生む!

・「感じる」が武器になる・・・日本人の定住文化、四季の文化(他人を見る眼が育つ)

・質化・・・感じる力(感性)は、理性や知性に勝る。

感性を磨くとこは、自然を大事にすること、必要以上の木を伐らないこと。

日本に成果主義はそぐわない!

技術者の三魂

・志・・・・喜んで大変をする。

・気概・・・成否を問わず善を為す。

・自発・・・私がやる

日本の社会資本とは、face to face 一生懸命、敬意を持つ、伝わる・・・おもてなし文化。

素晴らしい学びに感謝です!

追伸!

笑顔が絶えない・・・楽しさわんさか。。。

ファーマーズマーケット「彩菜みまさか」やパン屋さん、薪ストーブ専門店のある「かぐらカフェ」、家具雑貨の「かぐら」、田舎の役場のようなオープンオフィス、薪ストーブで愉しむ宿泊体験できる小国館、「コラボ食堂」、落語の「彩都 木楽亭」、蕎麦道場、プチ畑など盛りだくさんのくらしの杜」・・・

『杜の学校』『住まいの学校』と学びの場も益々進化中のKJ WORKSをホームページからぜひ、ご覧ください!
http://www.kjworks.co.jp

それから・・・
『木の家づくり図書館』に今年から開設しました「福井文庫」と薪ストーブ専門店としての豊富な本も取り揃えますので、私のブログ同様に宜しくお願いします。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
ttp://www.kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/