オーストリアの里山資本主義視察その1。

2015.4.12|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日も「福井の気づきブログ」にお越しいただき、ありがとうございます。

オーストリアから戻ってきました。

 

バイオマスエネルギーはペレット燃料ではなくチップや薪燃料がメインでした。

グラーツ界隈ではペレットストーブの話題は全くありません。

ペレットはあくまで都市部のみのようです。

けど、都市部の方が断然人は多いから人口的にはペレットなのかもしれませんね。

 

地方や田舎ではチップの粉じんもあまり気になりませんから、一番簡単に生産できて価格的にも一番廉価なチップや薪燃料がバイオマスエネルギーとして活躍します。

ただ、最近のライバルは、高気密高断熱で3層ガラスの樹脂サッシで屋根には太陽光発電パネルを搭載した超省エネ住宅のようです。

自家発電でエネルギー消費の少ない超省エネ住宅は燃料をほとんど必要としないからだそうです。

 

そして、オーストリアはじめヨーロッパ各地では、超省エネ施設や超省エネビルのCLT工法の建物が飛躍的に建築されています!

 

そんな写真事例をご覧ください!

01 オーストリアCLT

グラーツ市のCLTタウンのマンション現場。

02 オーストリアCLT

同じくグラーツの既に入居されているCLTの老人ホーム。

03 オーストリアCLT

幼稚園もCLTでできています!

04 オーストリアCLT

幼稚園内の表情。。。

05 オーストリア伐採

伐採現場ではタワーヤーダーにプロセッサーも搭載の1人4役・・・まるででロボット!

 

06 オーストリアチップ

バイオマス市場では一人のオペレータが原木を掴みチップにしてトラックにチップを吹き入れています!

07 オーストリア チップ

山積みされたチップ、バイオマス燃料です。

08 オーストリア 柳

昔は酪農の牧草地・・・今はバイオマス燃料となる柳の林!

 

何もかもが素晴らしい取組みで・・・学びの応用編が沸々と・・・

 

 

追伸!

次回手打蕎麦「彩都 木楽庵」は4月17日(金)です。

次回の落語会「彩都 木楽亭」は、5月19日(火)、林家菊丸さんの会、菊丸襲名披露です。

次回の薪割り大会は4月26日(日)です。

6月からは、会員制の薪割りの場所を、豊能町から彩都「くらしの杜」に移してで自由に行えるようになりそうです。

そして、薪割り大会も今シーズンは5月から彩都「くらしの杜」で・・・

毎日が笑顔と愉しさ満載のKJ WORKSのホームページが、木の家づくり工務店らしくリニューアルしました!