林産地・・・小国ツアー行って来ました!

2011.10.16|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

私がもっとも木造住宅の構造材として、造作材として自信を持ってお勧めできる、杉なのに脂(ヤニ)の一杯ある松のような粘り強い小国杉・・・・・

去年から3年ぶりに復活・・・そして、今後は毎年開催すると約束して・・・今年も昨日と今日の2日間、木想家のひとたち(木想家にお住まいのお客様)と小国に行った事のないスタッフを含めた総勢13名で出かけ、無事帰ってきました。

自分の建てたお家のルーツを見る、木材の故郷を知る、故郷に親しむ・・・そして、改めて愛らしい自身のお家に感謝する!

自分たちが扱う木材のルーツやその生産者、製材所、その故郷を自身をもって薦められるためのスタッフ研修でもあります。

下記の写真ですが、クリックして拡大してください!  見事な場面ばかりですから!

3年前、阿蘇外輪山、高岳の麓に建てさせて頂いた松木さんご夫妻の家を訪ねて、見て回って、会話して・・・

小国杉80年生の伐採を見学して、小国町森林組合の活動を聞き・・・

製材所である、小国ウッディ協同組合の工場を見学し、工場事務所内で勉強会をして・・・

温泉湯という地熱を利用した、最高な木材の乾燥良品ができる、燃料が一切不要な省エネ木材乾燥工場を見聞きして・・・

メンチカツのメッカ、黒ぶた屋で、アツアツのメンチカツを頂いて・・・・・

温泉卵を食べて・・・

日本で最初にできた本格的木造ドームである、美しい架構の小国ドームを見て、感じて・・・

昔々、松嶋菜々子がお茶の宣伝に使った場所・・・鍋が滝に出かけて、感激して・・・

阿蘇の中岳の火口に繰り出し、ビックリして・・・・

両腕を失った後に、天性を発揮して巨匠になり続けておられる大野勝彦さんの「風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館」に学び・・・

ファーマーズマーケットにもお買い物と見学に・・・

書き出せばまだまだ限りがなく・・・・・

朝8時半には熊本空港に到着ですから、一日の見学時間はたっぷりあって・・・帰りも同様に長く・・・・・・

もう・・・へろへろなほどの学習ができる林産地ツアーでした。

来年はもっと多くの皆さんにこのツアーの良さをお伝えして、住まいの学校の皆さんにもどんどん出かけて欲しい、勉強して欲しい林産地ツアーです。

松木さん、小国ウッディ協同組合の河津理事長さん、児玉専務理事さん、頑張り屋の上池さん、大阪育ちで小国女の小松さん、小国町森林組合の皆さん、バスの運転手さん・・・などなど、本当にありがとうございました。

そうそう、10月13日にAPU立命館アジア太平洋大学を訪問して、近い将来の日本やアジア、世界を繋ぐ画期的な大学と大喜びして感激していたら、その大学を卒業した小国ウッディ協同組合の息子さんもおられると聞き、更に感激・・・・

私同様にAPUをベタ褒めでした・・・当たり前ですけど!

ご参加の皆さん・・・ほんとうにごくろうさまでした!