福井の気づきブログ/小椋お母さんのおもてなし料理でトモダチが増えます!

2014.3.2|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

昨日と今日は、ご縁ある人たちと南木曽でお会いしていました。

『和のこころ』の学び仲間でFacebookトモダチの柳川さんご夫妻(埼玉在住)から、去年の初め、大改修する自宅の床や天井、壁に使う素敵な木材を問われ、自慢の小国杉を紹介し、そして使っていただけて・・・

年明けに、今度は、偶然にもFacebookで、木曽ヒノキのコモノ家具を、私の知る南木曽木材産業で購入したことを知って・・・

南木曽木材産業の柴原社長といえば、私が懇意にお付き合いする「姿勢を正す椅子アップライト」のプロデューサーで発売元のアイドカの柴原社長のお兄さん。

ちょうど、そろそろお邪魔したいと想っていた南木曽の木地師小椋正幸さん(工房 大和)はアイドカの柴原さんからの紹介者。

そこで、柳川さんに・・・

「木曽ヒノキの製品を知るなら、南木曽に直接出向いては?南木曽木材産業の柴原社長も直接紹介できるし・・・同じ木製品で、ピカイチの木地師、小椋正幸さんも紹介するし・・・自然の心地良さも抜群だし、温泉も良いし!」

「アイドカの柴原さんは、東京在住で、一緒に南木曽に車できては?」・・・そんな話がとんとん拍子となって・・・

昨日と今日の2日間、本当に不思議で愉しい懇親を深めることができました。

そして、小椋さんのトチの漆器のお盆も買うことができて・・・

その懇親・・・今日のお昼に、最高のおもてなし料理をご用意いただいた小椋さんのお母さんのイタドリをメインとした料理に舌鼓・・・

もう、一流料亭も真っ青・・・

料理屋さんはしたくはないけど、気に入ったお客様におもてなし料理することが何よりお好きなお母さん!

今回はその料理を写真でご紹介していきます。

  
前菜と前酒から始まり・・・イタドリ料理三昧そして、イワナ・・・

  
鮭のボタン風の飾りつけと茶碗蒸し、そして、紫芋をまぶした餡子餅。

  
イタドリの和え物にもち米の味ごはんのおにぎり風・・・

  
お漬物に・・・特製デザート

 最後は抹茶・・・あんまり美味しかったものですから、飲み干してから写真を撮ってないことに気づき・・・空の器を激写・・・けど、この器、黒ガキの漆器です。中々お目にかかれる代物ではありません!

尚・・・Wikipediaによりますと・・・
イタドリ(痛取)とは、タデ科の多年生植物。別名は、スカンポ、イタンポ、ドングイ、ゴンパチ。ただし、茎を折るとポコッと音が鳴り、食べると酸味があることから、スイバをスカンポと呼ぶ地方もある。

私の実家の岐阜県内でも小さいときがの山でかじったこともある植物でしたが、普通は食べられるけど、料理にはしなかった植物です!

もう、皆が皆、美味しさとさりげない飾りつけに絶句!

そこに、超豪華な漆器の器での賞味に・・・もう、ご満悦・・・!

小椋シガ子おかあさん、本当にご馳走さまでした!

図々しいながら・・・また行きます!?

また、新たに、懇意な、嬉しい仲間が増えました・・・感謝!

追伸!

来月の「彩都 木楽庵」は、3月10日(月)です。

残念ながら、3月29日(土)は、御縁ある保育園からの卒園式へのご招待でその日は蕎麦屋はお休みとなります!

昨日の落語会「彩都 木楽亭」は、桂吉弥さんと林家染弥さんによる二人会で大盛況でした。

次回は5月27日(火)、桂 吉弥さんの会です!

林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/