胃腸薬『陀羅尼助丸』の天川村洞川に出かけました!

2007.10.31|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

洞川の街並み
良い宿や温泉が有りますので、来春には宿泊します!

私は、小さい頃から胃腸が弱く、よく漢方の薬を飲んでいました。全国区でいう正露丸のようなものです・・・・そして、大阪に出てきてからは、奈良県御所市の「三光丸」とここに記載する天川村洞川の『大峰山陀羅尼助丸』、吉野山の「藤井の陀羅尼助丸」に出会い?自分に一番効果のあったのが『大峰山陀羅尼助丸』でした。名前は「だらにすけ」と読みます!

胃の調子が悪かったり、お腹が急に痛くなったり、下痢吐き気などの時、胃もたれには、いつもお世話になってきた常備薬なのです。貧乏性の為にまともに休みが取れなく、休んでもついつい自宅でパソコンに向ってしまう!?そんな惰性を今日は払拭しようと、長年、お世話になっている『陀羅尼助丸』の工場を是非みたいと考え、本日、出かけてきました。

工場は基本的に見学不可能なのですが、先日来、電話と知人の紹介、FAXで懇願して無理でも取り合えず行きます!と伝え、訪問しましたところ、ありがたくも見させていただくことができました。『陀羅尼助丸』の愛用者という事が一番効いたようです。但し、撮影は駄目と言う条件でしたが・・・・・

昔は、各家でもつくっていたそうですが、その後、天川村洞川地区の13社が、名前は一緒の『陀羅尼助丸』でも、それぞれの製品にばらつきがあった為に?共同で工場を立ち上げたのが「大峰山陀羅尼輔製薬有限会社」です。ですから、『陀羅尼助丸』は13社が発売元となっているわけです。

見学とともに、途中、社内のスタッフにも購入依頼を受け、今日は、洞川にある銭谷小角堂さんで購入してきました。

去年も、今年も、そういえば天川村洞川(てんかわむらどろがわ)に出かけたのですが、9月中旬で山も閉山する為に、またしても、山上ヶ岳大峰山本堂に参拝し損ないました。そこで、次回は、来年5月の開山の頃、前泊して、大峰山に上る決意を致した次第です。

銭谷小角堂さんの店先
回転する「だらにすけ人形」が可愛い!

主原料のキハダのコルク部分

『陀羅尼助丸』1回30錠飲みます!
容器入りもあります。袋入りには、30錠ずつ分けたのもあります。10錠づつすくえるサジもついています。写真のキハダをかじって見ますと、本当に苦い!

因みに、効能・効果はと申しますと・・・・・・
食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸やけ、胃もたれ、胸つかえ、吐き気、むかつき、嘔吐、整腸、軟便、便秘
とあります。