「マルクスが日本に生まれていたら」を読み終えて・・・

2013.12.12|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

「出光佐三」さん、私の人生にとって最も尊敬すべき人となりました!

去年の暮れに「海賊と呼ばれた男」上下巻延べ800ページを心地良く読んだことがきっかけとなって・・・

「出光佐三」・・・凄い日本人がいたものだ!っと感動し・・・

その後、「出光佐三 反骨の言霊」を読み・・・更に感動!

では今の出光興産はどうなっているの?っとふと疑問を感じて、「出光興産の自己革新」を読んで、偉大な人の後には大変な悪弊も出るもんだ・・・けど、払拭する力も伝わっていることにまたまた感動!

先月、北九州市門司にある出光資料館を訪ねて、念願の出光佐三さんを身近に感じて・・・


そして、今、読み終えた出光佐三著「マルクスが日本に生まれていたら」で、私自身の人生の手引書となりました・・・

けど、まだ買い込んでいます。

先月、出光資料館で、北尾吉孝著「出光佐三の日本人にかえれ」を買い・・・

ネットで、「永遠の日本」をプレミア付の中古本を探し当てて購入・・・

まだまだこれからも、出光佐三という人を研究し、私の人生と会社経営の糧としていきたいと思います!

追伸!

今年の手打ちそば「彩都 木楽庵」は、12月19日(木)が最終ですので、ぜひ、多くのご来店をお待ちいたしております!

それから来年の「彩都 木楽亭」は、2014年3月1日(土)桂吉弥さんと林家染弥さんによる二人会から始まります。1部2部合わせて、既に70名以上の予約が来ています・・・土日の開催ですからみなさん、参加しやすいのですね!

林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

『木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/