福井の気づきブログ/『台湾の主張』・・・李登輝総統。

2014.3.31|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

台湾を学ぶことは、日本人として頑張れることと気づきました。


『台湾の主張』・・・李登輝。

1999年、今から15年前に台湾の現職の総統だった李登輝総統が書かれた本です。

その頃から、台湾に限らず、中国大陸を始めとして、韓国、アジアにしても失われた20年と言われる日本以外、猛烈な経済発展を遂げた時代でもあります。

日本人が自信喪失していた時代。

李登輝さんは、日本統治の時代を含めて22年間は日本人だったと語ります・・・

その人から見た視線や考え方、冷静な分析力は、今の日本、アメリカ、世界情勢など、戦前のしっかりした日本人そのものの発想にも通じます。

先月、台湾で4日間視察に出かけて、日本人の原点を視た想いがしました。

台湾という中国大陸の脅威がある中で、台湾という国、台湾人として、将来の中国人としての理想像を創る、大陸にやられることのない、大陸にとっても必要不可欠な台湾・・・

過去の15年前の本ではなく、偉大な李登輝さんの考え方をこの本から学びました。

今現在、『中国とのサービス協定』が大陸からの中国支配に脅かされるのではと感じる学生や国民が反対行動を起こして立法院(国会)を50万人のデモ隊で占拠している・・・

武力制圧をせず、デモ隊の抗議も許容する国、台湾。

デモ隊にも問題はありますが、民主国家、台湾を嬉しく思える、わかる、日本人が原点に立ち返り、自信を持って正々堂々と姿勢を但し、言うべきことは語る・・・

そんな学びの本です。

追伸!

次回の手打ち蕎麦『彩都 木楽庵』は、4月12日(土)ですが、困ったことに私は親指の裂傷で蕎麦打ちはできず・・・まあ、二人に蕎麦打ちは任せようか!

次回の落語会は、5月27日(火)、桂 吉弥さんの会です!

林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/