34年ぶりの同窓会

2006.8.14|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉


昨日は、岐阜県立加茂高校時代の34年ぶりの同窓会でした。

高校3年F組とG組合同の同窓会だったのですが、何故、FとGの合同かというと、田舎に住む同窓生仲間を中心に、たまたま仲の良い同窓生たちが意気投合した結果のようです。

厳密にいえば、F組の仲間だけでは、20歳のときに一度、開催しているのですが、合同では卒業以来始めての出来事なのです。F組の男子生徒はおとなしく、G組はやんちゃな生徒が多かったのが印象的で、私の場合、不良であったのか、G組の卒業生と勘違いする人もいました。

34年ぶりですから受付で見るその顔は、昔と一緒の感じの生徒もいれば、何処かの老人倶楽部の年代で間違ってきたのではと思える人もいたりして、その変わりようにはびっくりでした。

ですが、同窓会が始まって、自己紹介などをしながら30分も経過すると、34年のタイムスリップですっかり、18歳となっていました。

同窓会も、1次会を皮切りに3次会までと進み、まあ、実に楽しい仲間ばかりで、この同窓会、次は2010年に開催と決定いたしました。またまた楽しみです。