わが家の藤の木に花が咲いた!

2006.5.1|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉


2003年2月、わが家の完成と共に、地下の明かり庭の上に張り巡らせる目的で植えられた藤の木に、3年がかりでようやく藤の花が咲きました。

咲いたといってもごく一部だけなのですが、この3年間は、この藤の木、根を地中深くに張り巡らすことで体力をつけ、数多くの枝葉をステンレス格子棚の上に伸ばすことに精一杯で、花を咲かすどころではなかったのでしょうか?

家族は、もう、あの藤の木は、咲かないのかなあ!?なんて嘆くことも多かったのですが、ようやくその期待に答えてくれたようで、来年からは満開の藤の花が咲くような気がいたします。

引越し以来、咲かなかった藤の花が、3年経って開花した、こんな験の良い年ですから、彩都「暮らしのギャラリー木想館」も昨年の開設を機に今年は、きっと、いいことが続くような気がしています。

やっぱり、村上和雄さん(遺伝子の研究者)の言葉ではないですが、常にポジティブなストレスで気持ちを一杯にしておれば、良い遺伝子のスイッチがONされ、更に「良い遺伝子のスイッチON状態」を継続することも可能な気がいたします。決して、ネガティブなストレスにならないように、皆さん、気をつけましょう!