『作業』と『仕事』はここが違う!

2006.5.5|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

ご縁あってお付き合いする友人から、中々社員教育に対して伝えられない言葉下手の私に、以下のような良い教訓となるお話を頂きました。

『作業』と『仕事』は、ここが違う!

指示されたことをこなすだけなら『作業』。向上心や問題意識を持ち、常にレベルアップを目指すのが『仕事』です。作業を脱皮し、仕事を目指しましょう。

?同じことを単純に反復するだけなのが『作業』で、常に改善・改良に努め1つ上 を目指すのが『仕事』です。
?言われたことやマニュアル以外のことは絶対にしないのが『作業』で、自分の頭 を使い、顧客の満足のために臨機応変な対応をするのが『仕事』です。

『仕事』と『作業』の違いは何処にあるかというと、『作業』はあらかじめ正しい答えがわかっているのに対し、『仕事』は自分で問題解決しなければなりません。その際、大なり小なり壁にぶち当たるはずです。それをどう打ち破るか。何とか工夫して解決してみようと考えるのです。
これは、セブン&アイ・ホールディングス会長兼CEO 鈴木敏文さんの言葉です。

私も仕事をしていて、また、仕事をするスタッフにこんなに上手く『作業』と『仕事』の違いを説明できずにいました。会社での立場の違いの中で、これからは、この言葉を自分なりに解釈し直して、密度の濃い仕事に取り組めるようにKJ WORKSスタッフ全員と協働の精神で『仕事』に務めます。