日本人の『こころ』を学ぶ方法!

2013.12.1|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

いつまでたっても謙虚な学びが大切ですね。

私は、人としての生き方と会社経営について2つのセミナーで学んでいます。

ひとつは、偉大で、画期的で、びっくりするほど感動できる企業や法人、個人を2日間見て周る、三浦康志さんが主宰するミウラクリニックという視察セミナーです。

国内外問わずの学びです。

このセミナーに決まった答えはありません。

参加者自身で感じて、気づき、行動し、自身の答えを自ら求め成長するのです。

もう一つは、日本人の『こころ』を学ぶセミナーです。

日本古来からの歴史と神話を学ぶ。

今頑張っている人、歴史の生き証人からのお話を聞く。

2600年以上に渡って今日に至る天皇家と共存する国民国家の国、日本国を学ぶ。

勤勉で、働き者で、正直なわが国民性を学ぶ。

これは、佐藤芳直さんからの学びです。

この二つのセミナーによる学びから、日本人としての『こころ』と生き方や会社経営をぶれることなく継続、発展していく。

本筋を見極めて、明るく積極的なあらゆる実践を繰り返す。

そのためには、関わる歴史や史実、芸術の読書が活きてきます。

松下幸之助さんに共感し・・・

最近は、正しい国策に即した、強力な精神構造と強烈な行動力の出光佐三さんにも共鳴しています。

そういう意味では、読書に何の興味もなかった私が、読書好きというより、本から学ぶ歴史や史実、偉大な人を知るには、『本』は、とてつもないほどの私の財産です。


この本、『出光佐三 反骨の言霊』は、素晴らしい財産です。

福岡県宗像市赤間にある生家にも出向きたいと思っています。

追伸!

次回の「彩都 木楽亭」は、2014年3月1日(土)桂吉弥さんと林家染弥さんによる二人会です。

土曜日ということで、確実に超満員です・・・お早目の予約をお願いします!

林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

12月の手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」は、12月9日(月)と19日(木)の2日間です。

出張「彩都 木楽庵」が12月はあります!先月お引渡しさせていただいた堺市のグループホーム『みんなのわが家 はるか』さんで、12月8日(日)です。

新住民の方が9人とそのご家族を私たち彩都 木楽庵のスタッフ(福井・上田さん・おくちゃん)と建築の関係スタッフ、そして、「コラボ食堂」や「コラボカフェ」の店主のひだまりさんこと佐藤さんでおもてなしです。

その後、更に9名とそのご家族が入居されたら再度、お祭りの出張「彩都 木楽庵」があります。

それと、毎年の「お家の誕生日」は出張「彩都 木楽庵」と決まりました!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

『木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/