「木想館」ではじめての請負契約を結びました

2005.9.13|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉


本日、朝9時に東大阪の「Iさん」宅に訪問し、「Iさん親子」を乗せて、請負契約及び実施設計打ち合わせのために、彩都「暮らしのギャラリー木想館」に向かいました。今までは、展示館やモデルハウスもなく、身振り手振りで説明し、それでも納得されない場合は、近くの現場や「木想家」OBのお客さんの家に案内して、納得した説明と確認をしていたのです。

そうした諸問題が、この彩都「暮らしのギャラリー木想館」では、全て解決できます。モデルハウスや木材から左官材料、塗装材料から和紙、屋根や壁の形状、窓、内部建具、家具キッチン、植栽に至るまで全て揃っているのですから、お客さんに限らず、私たちスタッフまでも、大いに有難い施設となりました。

今回の物件は、畳座を床から30センチ高くする為、通常の天井高さでは、畳座内が圧迫されそうにも感じられ、そうした場合の体感も、『Furniture Studio かぐら』に現物スペースがあって、速攻で!理解が得られました。天井高さの調整も2階の勾配天井の実物が、『阿蘇小国の家展示情報館』で体験できますので、「もう少し、下げてはどうか?」など、実に自由自在です。

こうした説明をして、無事、「木想館」での第1号の請負契約が「Iさん」と出来ることとなりました。

「木想館」に感謝です!