帰巣本能?

2006.1.21|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

彩都「暮らしのギャラリー木想館」に移ってから度々、車での通勤や仕事先から会社に帰る際に、進行方向を間違える「私」に遭遇します。

私は家から彩都のKJ WORKSまで、西名阪道から近畿道を経由して通勤しているのですが、吹田市に事務所があった以前は、西名阪道から阪神高速松原線で大阪市内へ入り、その後、新御堂筋を北上して会社に通っていました。私の頭の中では、しっかりと、通勤道の事だけ考えていることはほとんどなく、今日や来月の仕事の内容とか、昼何食べよう?とか、依頼物件のプランとか・・・など等、支離滅裂に考えて走っているものですから、急いで会社に行くときに限って、阪神高速松原線に突進してしまいます。

また、大阪市内の用事や吹田市界隈の打合せの後、車で会社に向かうのですが、何故か、気がつけば、元の会社の近くに来てしまうことが多々あります。

1昨日など、企画の森重女史と江坂の東急ハンズに出かけた帰り道、車は勝手に昨年までの事務所の方向に走り出し?ふと気づくと私の頭の中で二人の福井が進行方向について言い争っているような脳の状態に出くわし、思わず、口が「こっちやろ!」って、命令したほど?でした。

その状況を、つぶさに見ていた森重女史は、進路方向を正した私の口の発言?の後、「変やなあって思ってたんですけど!」・・・です。

これって、帰巣本能?それとも、ただ単に物覚えが悪いだけなのでしょうか?・・・けど、そのときは本当に脳ミソが言い争っていた気がしたんですけど!

皆さんは、そんな経験ないでしょうか?