ホームページのリニューアルその後と、うどん屋さん

2005.9.30|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

先日、ちょっと、大人げなしに名指ししてムカついた★TTのランケーブルの手配忘れの件ですが、ようやく日程の目処がつきました。★TTは、その後、何の謝りもなく、親方○◎の、最低な企業です。結局、6月にお願いし、9月はじめと約束した日程は、10月20日ごろと平然と言う有り様です。そこで、Kデンに聞くと、10月末には可能との返事があって、躊躇なく、Kデンに切り替えました。もうこうなれば、10日ぐらい、気持ちよい思いで待とうと思います。10月末のケーブル設置ということですから、11月はじめには、やっとの思いで、新しいホームページが自社サーバー内で使えるようになりそうです。
やれやれ!!!

という報告の後は、やっぱり食べ物の話です。
私が大阪に出てから、色々なところで食べ歩いてきたのですが、このお店は、今、出入するお店の中でも最も古くから出入している『うどん屋』さんです。大阪万博周回道路からJR茨木駅に向かう途中左側にある「友商」といいます。

つい最近、ご紹介した池田の「うどん吾妻」さんは、大阪の老舗で、「ささめうどんと、おにぎり、いただけますか?」といった調子で注文するとしたら、「うどん友商」の場合「おばちゃん!肉玉とわかめでダブル」ってな調子です。「うどん吾妻」は、昔からの大阪うどんの老舗で、「うどん友商」は、讃岐うどんの大阪風味という感じでしょうか。実に、ひらがな的で、ダチ感覚の庶民感覚というか、運ちゃん好きなお店なんです。


もう出入してから28年になりますが、外観はあまり変わっていません。変わったのは、兄弟で厨房にいた大将二人が隠居し?その身内の?おばちゃんと娘?さんに代わったことぐらいでしょうか。味は昔からおんなじ!


おばちゃんというのはかわいそうで、お姉さんです。この後、おばちゃんが応援に駆けつけました。