上棟式の様子です

2005.3.5|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉


3月5日(土)午後4時過ぎから、茨木市のKさんの新築現場で上棟式を執り行いました。上棟式といいましても本格的に神主さんをお呼びして盛大に執り行う方法から、今回のように住い手のご家族と私たちKJ WORKSの大工と設計担当、工事担当、そしてでしゃばりの私が参加して、神主さんを呼ばずに内輪でこじんまりと執り行う略式の方法とがあります。一般的には今回のような略式な方法が大半です。神主さんをお呼びして盛大とまでは行かなくても本格的に執り行う場合は主に、その地に代々古くからお住まいで地域とつながりのある方々に限られているのが最近の傾向です。

私たちKJ WORKSがお客さんにご説明する上棟式は、棟上した建物に対しての儀式もさることながら、実際に建物を現場で木組みしている大工棟梁と住い手の方々の紹介とその懇親が主目的となっています。

最近は飲酒運転は社会常識上「もっての外」ですので、建物周囲の清めを執り行ったお酒の残りを参加者全員の紙コップに蒸発してしまいそうなほどづつ注いで、建物の無事完成と住い手、関係業者の健康を祈願して乾杯を行います。子供さんはお酒はちょっと困りものですので、ジュースとかお茶で乾杯となります。

当然なのですが、上棟式で住い手の方々の「木の家」の表情を見られる姿は本当にうれしそうです。