現場どろぼうが・・・・・・

2005.3.28|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

竣工間直のKさんの家に現場泥棒が入りました。『何すんねん!』で感じです。

今朝、KJ WORKSの現場管理者と設備機器設置の為に来た設備工事屋さんが玄関ドアが開いている事に気づき、誰かの鍵の掛け忘れかと思いながらも作業を開始し、取付ける品物が不足している事で初めて気づいたのです。内部が荒らされている様子は全く無い状況です。

そこで、現場の鍵を確認して見ますと・・・頑丈なボックスの中には作業用共通鍵はそのまま有り、バールのようなものでこじ開けようとした感じのキズがボックスについています。ということは、開けられなかったようで、致し方なく玄関の鍵穴を上手に開けたらしいのです。

26日(土)は夕方まで電気屋さんが仕事をして鍵をかけて帰っており、27日(日)の午前中に施主のKさんが、購入した照明器具を現場に持ち込んでおられ、持ち込んだ際、玄関ドアは少し開いていたようです。何故朝までの間に侵入したことがわかるかといいますと、照明器具は残っていたからです。そのとき、現場泥棒が侵入したことにKさんは気づいておられませんでした。

それでは元来、現場にあった設備商品と無くなった商品を確認して見ますと、竣工前という事で、オーダーキッチン、食器洗い機、IHヒーター、レンジフード、水栓カラン、洗面器、陶器製トイレ2セット、トイレ用ウォシュレット等などです。そして無くなったものはというと、IHヒーターとウォシュレットだけなんです。

キッチン周りの製品は取付けられていて、食器洗い機とIHヒーターのみが梱包のままだったようで、トイレについては今朝からの設置予定の為、全ての製品は梱包のままでした。ということは、軽いものだけ一度に引揚げたという事になるわけで、道理でKさんも室内に入っても現場泥棒の形跡がわからなかったはずです。

今回の現場泥棒の侵入に関しては、入られた事は気持ちの良い事ではないのですが、被害も少なく、何よりも室内にイタズラされることなく引揚げてくれた事に感謝した方がKさんもKJ WORKSとしても幸せな事と思うことにします。

何れにしましてもKさん、ごめんなさい!

鍵は竣工後、いつもそうですが、ツーロックで付け替えますので、ご安心下さい。