危機的状況は、復活の始まり!

2013.2.19|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

昨日と今日の2日間、視察でで学んだこと。。。

昨日が、フォークリフトのPCS、イオン相模原店、グランベリーモール、介護デイサービスのレッツ倶楽部、新幹線清掃のテッセイを視察。

そして、今日が、介護リハビリの夢のみずうみ村浦安、イケア船橋店、江戸川区葛西駅地下駐輪場、業務用クラウドのセールスフォースジャパン。

みっちり視察して、膨大な『気づきと行動の財産』を頂きました。

KJ WORKSと私に置き換えると、会社案内とホームページの早急な改善。

KJ WORKSで実践していて確信できたことは・・・

お客様に喜ばれる商品管理。

気づいたら即やめる。

 この階段は、健常者の為ではなく、障害を持つリハビリ患者さんの血行促進策用です!

 動いていない時計は・・・脳の活性化のためにあります!

今直ぐ、近い将来に役立つこととは・・・

介護は、いたわりつくせりではなく、手伝うことは、見守ること。

介護は、利用者が常にからだと脳を常にフル活用し、お金感覚も含め、貪欲に導くこと。

迷惑駐輪は限界を越えると、とんでもない最高の知恵が沸き起こる!

危機的状況は、復活の始まり。

全て日本人を感じます。

まあ、ほんとうに、私の脳ミソが今日もヘチマ状態に陥り、思わず、水分を要求するほどでした!

学びは、いつも、最高と再考の財産です。

ありがとうございました。

追伸!

笑顔が絶えない・・・楽しさわんさか。。。

ファーマーズマーケット「彩菜みまさか」やパン屋さん、薪ストーブ専門店のある「かぐらカフェ」、家具雑貨の「かぐら」、田舎の役場のようなオープンオフィス、薪ストーブで愉しむ宿泊体験できる小国館、「コラボ食堂」、落語の「彩都 木楽亭」、蕎麦道場、プチ畑など盛りだくさんのくらしの杜」・・・

『杜の学校』『住まいの学校』と学びの場も益々進化中のKJ WORKSをホームページからぜひ、ご覧ください!
http://www.kjworks.co.jp

それから・・・
『木の家づくり図書館』に今年から開設しました「福井文庫」と薪ストーブ専門店としての豊富な本も取り揃えますので、私のブログ同様に宜しくお願いします。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
ttp://www.kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/