ちょっと嫌な勉強会に参加してしまいました。

2014.7.24|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

地域と生きる企業の根幹は、そのTOPにしか答えられません。

TOPを呼ばない勉強会の質問攻めでは例えその対応者が息子であっても回答はできないコトです。

 

今日は名古屋で久しぶりに他社のリニューアルした事務所兼モデルハウス&ショップを見学しました。

その建物の意図については、私のように工務店同志の勉強会を極力避けて、飲食や物流、小売業、スーパーなど異業種ばかりを見て学ぶ人間にとってはちょっと解せないコトが多々ありました。

事務所兼モデルハウスのお客様は来場者なのに、スタッフの事務所が1階の半分以上を占有しているサマは物販や飲食でなくてもあり得ないコト。

入口のショップがスタッフの事務所から完全に分離されているコト。

来場者の接客メインスペースが2階であるコト。

2階には1階スタッフ事務所の声や音が空間を通じて筒抜けであるコト・・・

2階からの眺めや景観、心地良さなど2階が絶対魅せたい場所でない限り意味不明。

出来上がってから、こうしたことに徐々に気づいていくのですが、それを如何に素早く改善できるのか?

これが早急な課題かな!?

 

そのあとに行われた会社紹介と今についての説明に対して、TOPにしか答えられない質問を怒涛のようにしまくり・・・

答えに窮する対応スタッフ。

私自身、そのTOPをある意味尊敬しているだけに、その場に呼ばずに開催された今回の勉強会は、実に後味の悪いモノとなりました。

勉強会の開催方法としては失格です。

 

けど、非難するのではなく、私自身、KJ WORKSに置き換えて、ある種学べる勉強会であったと感謝しています。

明日から反面教師的に良い方向になるようKJ WORKSの今を改善していきたいものです!

 

追伸!

次回の手打蕎麦「彩都 木楽庵」は、今週末の26日(土)です。

手軽な手打ちそば同好会は、その日の午後2時半ごろからから開始です。


林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

林家 染弥さんの名前では最後の「彩都 木楽亭」は8月26日(火)!

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/