学生をお住いのお家に体験学びの案内!

2014.7.27|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

KJ WORKSを研究する大学院生はどんな学びにも一生懸命です。

今日は、さる大学でKJ WORKSを「100年愉しく続くKJ WORKS」を研究する大学院生のうち、日程の取れた2人を、住んで2年目の新築のお家(彩都内)と彩都入口の築118年の古民家をリフォームしたお家に案内しました。

7月3日と4日の林産地(阿蘇・小国ウッディ協同組合)訪問に続いて2回目の体験学習です。

 

今回は、実際に彩都にお住いのお客様に学生から・・・

なんでKJ WORKSにお願いしたのか?

どんなことがきっかけでKJ WORKSにたどり着いたのか?

KJ WORKSのどこが、何が良かったのか?

どんな暮らしがしたかったのか?

・・・などを質問し、お客様からの話に聞き入っていました。

こだわりが一致するコト、薪ストーブの良さ、悪さを隠しごと無しで伝えてくれる点、暮らし方のストーリーに共感できる、など等。。。。。

 

築118年の古民家については、カッコよさや作品としてのデザインなど、暮らす人にとっては二の次の問題は不要という私の考え方を披露・・・

古民家は作品ではなく、暮らせる器であり、飽きないお家であり・・・・・

えてして、古民家と言うと、古色塗料で天井や床、梁、桁、柱を塗り潰し、そのあいまいな薄暗さの雰囲気を出す!

そんなお家が多いのが現実です。

 

けど、私の手掛けるお家はというと、古い天井や柱や梁桁の場合、古色塗料で塗りつぶすこともあれば、新たな柱や梁については染めず、せいぜいWAXのみとすることも多くあります。

そして、床はというと明るい色合いにすることが多いものです。

気持ちが滅入るような色合いは現実的ではありません。

 

今回の古民家のお家も、床は広幅の樺の床で、壁は漆喰、一部の従来の板天井以外は漆喰仕上げ・・・

無理のない設えには奥様もストレスは感じません。

 

そんな説明は、写真や文字では表せません。

体験してもらうのが一番なのです。

 

それにしても、学生の皆さん、ほんと、一生懸命で、頭が下がります!

 

追伸・・・

8月の「彩都 木楽庵」は25日(月)と30日(土)の2日間です。

次回の蕎麦打ち同好会は8月30日(土)午後2時半からです。


林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

林家 染弥さんの名前では最後の「彩都 木楽亭」は8月26日(火)!

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/