彩都「くらしの杜」通貨『杜の御縁』と地域の新聞古紙回収を始めます!

2012.11.26|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

KJワークスの目的は、『お客様に喜んでいただけること』ですから・・・

それは、地域貢献にもなることです!

そのために、彩都「くらしの杜」で・・・

何か面白い、楽しい、無駄を無くして、リサイクルできることが常にしたいと考え行動しています。

そのひとつは、薪ストーブの薪燃料無料調達のススメです。

年間20件もの薪ストーブの設置を依頼されるまでに成らせていただき・・・

最近は、山に放置されている間伐木材や公園、学校、街路樹、庭木の伐採木の薪燃料への活用情報告知や、その支援を加速的に進めています・

そして、今回、考えたことは、地域にお住いの皆さんが毎日読まれた古新聞をチラシを抜いて新聞古紙のみを彩都「くらしの杜」に持ち込んでいただき、彩都「くらしの杜」通貨『杜の御縁』と交換していただくことです。

  サクラの木の床板端材が大量にありますから、これを上手に使って・・・
楽しい彩都「くらしの杜」をつくり続けます!

この新聞古紙は、提携するセルローズファイバー断熱材工場に持ち込んで、KJ ワークスで建てさせていただくお家の断熱材にリサイクルして使う・・・凄く素敵なことだと思うんです!

一日の朝刊と夕刊を1か月(25日間)集めても、合計6.75?程度ですから、買い取り価格に変えてもせいぜい100円強ですが・・・・・

それを10日に一度ぐらいづつ持ち込んでいただき、その都度、まずは、彩都「くらしの杜」通貨『御縁』のポイントカードに記帳していただきます。

そして、その点数が100ポイントを超えたら、サクラの木でつくった通貨『御縁』100縁と交換・・・

そして、その後もどんどん、ポイントをためていただく、100ポイントごとに100縁と交換・・・

このサクラの木の100縁で、「彩菜みまさか」やパン工房パパシュ、「かぐらカフェ」、「かぐら」の家具やコモノ、「コラボ食堂」の食事や食材の購入の足しにしていただく・・・

僅かな金額にしかなりません・・・けど、皆さんの今はどうしているといえば・・・廃品回収屋さんに無料で持って行ってもらっているだけ・・・でしょ?

それなら、せっかっく、彩都「くらしの杜」でお買い物するついでに、僅かばかりの小遣いかもしれませんが、その小遣いの『御縁』で、リサイクル断熱材の環境循環に貢献できる・・・・・

そんなことに興味のある、少しでも環境循環に支援したい方々がこの地域には多いはずです。

そんな活動をすることで、木の家づくりがまた役に立つ・・・

KJ ワークスの家づくりには、約700?のセルローズファイバー断熱材が使用されます。

ということはご家族100軒の一月分の新聞古紙で、ようやく1軒のお家の断熱材が賄えることになります。

こんな気の長い新聞古紙による断熱材作りも、なんだかアットホームで日本的な人の温もりが感じられて・・・

心が和みます!

今は、彩都「くらしの杜」のお買い物の店は少ないのですが、4年後には、木材・木製コモノのお店や魚屋さん、食堂&居酒屋さん、蕎麦屋さん、スイーツのお店、料理教室など色々できてきて・・・

利用が楽しくなる彩都「くらしの杜」が誕生します。

まずは、新年から、ボチボチ始めて・・・・来年のの春ごろからは感謝デイを設けてポイントサービス!

そんなことも進めてゆきます!

追伸!

楽しさ満載。。。

ファーマーズマーケット「彩菜みまさか」やパン屋さん、「かぐらカフェ」、家具雑貨の「かぐら」、田舎の役場のようなオープンオフィス、薪ストーブで愉しむ宿泊体験できる小国館、「コラボ食堂」、落語の「彩都 木楽亭」、蕎麦打ち教室、プチ畑など盛りだくさんのくらしの杜」・・・

『杜の学校』『住まいの学校』と学びの場も益々進化中のKJ WORKSをホームページからぜひ、ご覧ください!

http://www.kjworks.co.jp