欲しかった棕櫚の小箒!

2014.1.8|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

薪ストーブ界隈は、灰でいっぱい汚れます!

どこでもそうなんですが、わが家の薪ストーブのTOPや、薪ストーブ手前とか界隈の床はこぼれた灰で結構汚れます。

薪ストーブ下には黒い色の鉄板を敷いているのですが、荒い目の安物の小箒?では、掃き掃除しても灰が取り切れず、白い状態が残り・・・

致し方なく、たまに水に濡らした雑巾で拭いています。

けど、昔の人は、かまど界隈や火鉢界隈の灰は小箒で掃きとっていたし、それだけで綺麗になっていたのに・・・

素朴な疑問「なんでや?」

そんな時、棕櫚箒で掃くと綺麗になる!

灰は目の細かい小箒が良い!

そんな話を聞いて居ながら・・・

中々、買に行く気にならないまま昨年の11月を迎え・・・

それ以降、今度こそ、買に行こう!

去年の12月初旬に、待ち合わせした京都三条大橋西詰で、棕櫚箒や棕櫚のタワシのお店を目撃・・・

以来・・・・・

中々行く機会もないまま、カレンダーにはいつも京都行きを記載・・・するだけに終わり。。。

ようやく今日、朝から出かけて買ってきました。

  
棕櫚のええ感じの斜め使いの小箒・・・しっかりと立つんです!

会社にかえって薪ストーブ界隈の床を履いてみて・・・

「すんげ〜〜!」

「灰が綺麗に取れる!」

今晩からわが家で使うことにしました!

追伸!

今年の手打ちそば「彩都 木楽庵」は、1月18日(土)から開店します。

それから今年の「彩都 木楽亭」は、2014年3月1日(土)桂吉弥さんと林家染弥さんによる二人会から始まります。1部は完売、2部はあと少し!・・・土日の開催ですからみなさん、参加しやすいのですね!

林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

『木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/