古代の国道1号線!歴史の宝庫!

2013.9.18|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

先日、ショッピングモールを歩いていると、竹内街道(たけのうちかいどう)にまつわる自治体が協力してイベントをしていました。

竹内街道といっても南大阪の人や奈良中部の人しか知らないと思いますが・・・

竹内街道とは、『古代の国道1号線の幹線部分』なんです・・・

自宅に帰って資料を読んでみると色々なことがわかってきます。

『日本書紀』推古天皇21年(613)11月条に、「自難波至京置大道。」の文字が出てくるそうで、「難波から京に至る大道を置く」と読まれています。

この道路が造られた当初の宮は、推古天皇の小墾田宮、難波とは当時の外交窓口であった難波津(大阪市法円坂付近)です。

※私は、この難波宮遺跡の隣のマンションに以前住んでいましたから、これまた興味津々!

両者の位置関係から、難波宮から竹内峠を通って、飛鳥の都に通じたこの道が、「古代の国道1号線(官道)」という所以です。

飛鳥京と難波津を結ぶ当時の国道1号線「横大路」が造られて本年で1400年を迎えるといいます。

その竹内街道は、堺市の大小路から河内平野を東に向かい、松原市南部・羽曳野市を経て太子町に入り、大阪・奈良の府県境に位置する二上山の南・竹内峠を越えて奈良県葛城市の長尾神社に至る全長約26kmの街道です。

そして、この長尾神社から飛鳥の都に向けて中国や朝鮮との文化の往来が続いていたのです。

最近、日本の歴史を学ぶことが多くなっている私ですが・・・

日本国って・・・古代の日本人、中世の日本人、近世の日本人と、その節目ごとに、本当に偉大な人たちが輩出された凄い国です。

そんな日本の祖先を敬い、祖先に学び・・・

平和で忘れっぽい日本人ですが、大事なDNAは後世にしっかりと我々が伝えられるように日々歴史に関わるべきですね。

そして、素朴で、素直で、勤勉なおもてなしの国を私も実践していきます!

日本の歴史を知らずして、金儲けにひた走る輩は、私には無縁の人たちです。

追伸!

9月の蕎麦屋『彩都 木楽庵』は30日(月)もあります・・・みなさん、早めに来てくださいね。

割りと売り切れるのが早いものですから!!

最近、蕎麦教室に来られる女性が増えました!興味のある方は26日(月)見学だけでもOKですよ!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

『木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/