KJ ワークスの得意技(その4)

2008.11.27|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

大阪市東淀川区にある喫茶オリーブ
コーヒーもさることながら、カレーライスは絶品です!

吉野山の柿の葉寿司「やつこ」
座敷とボックス席は、主に、お食事コーナーです。座敷は若者ウケし・・・足腰や膝の弱ったお年寄には左に見える、少し低目のボックス席が喜ばれます!春は桜、秋は紅葉!

柿の葉寿司「やつこ」の喫茶コーナー
柿の葉寿司も食べられるけど、うどんや蕎麦の軽食、そして、コーヒーや葛きり、葛湯、葛餅など等色々あります!

   
大阪市西区に2年前に完成した「hikosen style」ビルと、民家再生のお店「麻呂安」

思いつくままに、KJ ワークス の得意技をご紹介してみます・・・・・いつまで続くかわかりませんが、思いつくかぎりで、他の話題も含めて書き出してみます。

大半は、写真が無いと想像つかないことも多く、写真が多すぎる事もご容赦ください。

・・・で、今回は、お店づくりです。

そのお店づくりの殆どは、暮らしながらお店を家族円満に続けられる・・・そんな店舗兼住宅です・・・・・たまにビルというか店舗オンリーの場合もありますが、まあ、店舗兼住宅の延長線上の「暮らしのあるお店」っていう感じです。

店舗兼住宅は、朝から晩まで、例えば夫婦が24時間、毎日、毎月、毎年、ず〜〜っと、一緒なわけですから、お店でも自宅でも、お互いに気兼ねなく、肩張らず、ある時は、のんびりと、そしてあるときはピシッと、メリハリをつけた行動をとらないと上手くゆきません!そして、お互いを自然体でカバーしあいながら・・・けじめもつけながら・・・・・・

そんなお店づくりは、やっぱり「木の家」で確かな素材を活かし、人の活きる・・・建物からパワーをいただく・・・・・そんな自然体な、ノウハウの蓄積がKJ ワークス の「木想家」の財産でもあります。