尾関宗園和尚の名言に想う!

2015.1.26|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日も「福井の気づきブログ」にお越しいただき、ありがとうございます。

深く息を吸いたい気持ちの時には、こんな名言もいいですね。

気は長く

気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく。

 

京都大徳寺大仙院の尾関宗園和尚の名言です。

気持ちは長く持ち、心は丸くして、腹を立てず、人間の裁量は大きく広く、それでいて自己主張は小さく控えめに。

こうした心づもりで普段から生きてゆくのは、言うほど簡単ではないということでもあります。

 

状況に追われ余裕が無くなってくると、何となく短気になるし、心も角張ってちょっとしたことで腹が立つようになり、人間的にも狭量になりがちです。

何か言うと自分の我を通したがるようになってしまう。

そんな時にちょっと落ち着いて、この名言を思い返してやれば、起さなくても良いいざこざを未然に防ぐことができます。

 

この言葉、自宅アトリエの柱に掛けているのですが、暫く見過ごしていました。

常日頃、大事に読み続けていたい言葉ですね。