超省エネ住宅とバイオマスエネルギーの合体!

2015.4.17|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日も「福井の気づきブログ」にお越しいただき、ありがとうございます。

オーストリアで学んだこと。。。

バイオマス燃料

沢山の薪割り大会用原木が彩都「くらしの杜」に届きました!

来シーズンは彩都「くらしの杜」でやります!

 

しっかりと資料として書き出して、把握して、日本でもできるコト、KJWORKSでもできるコト。

KJWORKSだからできるコト。。。

KJ WORKSしかできないコト。。。

それを実践していこうと決意しました。

 

CLT工法は必ず、本当に近い時期に日本の建築工法として普及します。

但し、当面は欧州松のCLTとして。。。

その後、法整備や杉のヤング係数の考え方、そのバラツキのある杉のラミナーとしての位置付けなどで国産木材によるCLTが始まると思います。

努力しなくても大いに喜べるのは大手&中堅ゼネコンと林産地となります。

林産地は努力してもゼネコンとの仕事は大変だと思いますけど・・・

 

ゼネコンの場合、まるごと家を一軒つくる大工はほぼ居ません。

けど、ゼネコンの下請けにはCLT工法に必要な職人、CLTの組立工(型枠大工)と内装大工が居ます。

しかも工期がコンクリート造や鉄骨造の1/3になるのですから、同じ2つの職方が今までの工期内で3棟の物件を賄えるのですから最高の工法です。

 

家づくり工務店はというと、組立工は居ませんし、公共事業とは遠い立場ですし、競合には向いていませんから当面は難しい!

 

ですから、KJWORKSはもっとゼネコンでもない、ハウスメーカーでもない決定的に違う家づくりや施設づくりに邁進しないとダメなんです。

単なる家づくりではない、暮らしづくり。。。

お客様と同じ思いで暮らしを一緒に考え、同じ思いで施設を考え・・・

引渡し後も同じ思いで関わっていく・・・

 

そして、自分たちには持ち合わせない大企業の工場を利用して、自分たちにしかできない小回りの利く志事をし続ける。。。

 

充填断熱と外断熱の高気密高断熱、3層樹脂サッシ、工期短縮、高耐震構造、高耐久、太陽光発電や太陽熱利用、薪ストーブとペレットストーブ。。。

潤いのある木の家。

自立・自給住宅。。。

省エネとバイオマス。。。何かそんな家のヒントが生まれそうな気がします。

 

 

追伸!

今日は手打蕎麦「彩都 木楽庵」まかない食事分だけ残りました!

次回手打蕎麦「彩都 木楽庵」は5月2日(土)。蕎麦同好会もあります。

落語会「彩都 木楽亭」は、5月19日(火)、林家菊丸さんの会、菊丸襲名披露です。

次回の薪割り大会は4月26日(日)です。

6月からは、会員制の薪割りの場所を、豊能町から彩都「くらしの杜」に移してで自由に行えるようになりそうです。

そして、薪割り大会も今シーズンは5月から彩都「くらしの杜」で・・・

毎日が笑顔と愉しさ満載のKJ WORKSのホームページが、木の家づくり工務店らしくリニューアルしました!