神原家とツネイシグループで学んだコト!

2015.6.16|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

福山や尾道に出かけてきました。

福山にある常石造船。

8月には完成する船舶も建造中。

新勝寺には藤森照信さんのてっぺんに樹のある建物も。

新勝寺には3重の塔、そしてその前には藤森建築も不思議と似合っていました!

 

新勝寺にはこんな優雅な景色もあります。

趣のある新勝寺の小川。

尾道にはサイクル愛好家の為のホテルもあります。

尾道の造船用倉庫を改造したサイクリング愛好家のホテル。

サイクリング用ホテルのハンガーはハンドル。部屋のハンガーは自転車のハンドル。

 

中国や韓国の後進国に価格競争で追い抜かれてしまった日本の造船業界。。。

そんな中でバラ積み船の造船に特化して生き残り・・・

バブル崩壊では車の解体再生部品業で崖っぷちの急場しのぎ、今では世界7位の造船会社。

その会社の2代目、神原秀夫さんが戦争中の物資輸送でアメリカ軍に社員の40%以上を殺された・・・

その社員や遺族に申し訳なく、それを弔い、命と人生を賭けて作り上げたツネイシ造船グループ。

 

その中には亡くなった社員を弔うための新勝寺というお寺までも創りあげました。

その神原秀夫さんのDNAは、尾道~今治を横断するしまなみ瀬戸大橋を利用したサイクリングレンタルのホテルまで立ち上げて・・・

新たな観光事業も展開。。。

決してツネイシグループだけが儲かるのではなく、自治体ぐるみで尾道や福山も潤い、元気の出る展開です。

 

とても私の目線には規模がでかすぎるのですが、その心意気と命を賭けた覚悟。

日本人の魂と閃き・・・そして、徹底的な行動力。

これは大いに参考になる心意気とその覚悟。。。

今回の視察はサイズ的には参考にはなりませんが、心が大いにときめいた学びの二日間でした。

感謝です!

 

 

追伸!

次回の手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」は19日(金)、来週です。

9月1日(火)の落語会「彩都 木楽亭」は桂吉弥さんの番です。

11時半と2時開演。。。

今シーズンの薪割り大会は4月で終了しましたが、今後は彩都「くらしの杜」東の広場で計画します・・・敷地の整備が完了し、決まり次第、また報告します。

彩都の薪割り大会スペースは7月の整備と少し遅れています!

毎日が笑顔と愉しさ満載のKJWORKSのホームページが、まだまだ未完成ながらようやく木の家づくり工務店らしくリニューアルしましたのでぜひご覧ください!

です。