東の空地・・・妄想は続きます!?

2015.6.28|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

梅雨に入って雨が続き、建物の基礎部分のみ残して空き地となった東の隣地。

彩都「くらしの杜」を立ち上げていろいろ試行錯誤で施設を広げてきて・・・

去年の秋にオープンした薪ストーブのお店以来、薪ストーブやペレットストーブが異常なほどの受注となって嬉しい悲鳴です。。。

来月で10ヶ月目なのですが、今のお店と陣容ではその打ち合わせや対応がかなり難しくなってしまい・・・

ストーブと家具とリフォームのお店は始まります。

この空き地にはもうじき、新しい命が吹き込まれます!

 

またまた私の脳裏に青写真がかなりくっきりと出来上がりつつあります。

あるお店が今の「コラボ食堂」を継続的に使わせてほしいと言われ、それもさらにその妄想のきっかけにもなってきて・・・

また、私の蕎麦も月2回の「コラボ食堂」だけでは、彩都「くらしの杜」にお越しいただける多くのお客さまや関係先の方々に、おもてなしすることもできず・・・

前シーズンで終了した豊能町高山地区での薪割り大会も場所的に不自由過ぎて人手も取られ過ぎて・・・やっぱりその昔やっていた彩都「くらしの杜」が一番便利だし。。。

 

今の私の頭の中にあるこの空き地でやりたいコト。。。

薪ストーブとペレットストーブ、そして、素敵なセンスの良い椅子やテーブルなどを中心に家具を取り扱いたい。

すぐ隣には薪ストーブのメンテナンススペースやパーツ倉庫、家具製作もできるちょっとした工房も有る。。。

 

マンションや戸建てのお家に似合うオーダー家具やオーダーキッチづくりにもしっかり取り組みたい。

薪ストーブやペレットストーブのある暮らしに似合う、こだわりの道具や暮らしの器や鉄器等アクセサリーを販売したい。

そんな様々な要望に応えられるリフォームや新築の相談を受けられる場を創りたい。

定期的なストーブを愉しむ会はこの場所を中心に行い・・・

 

せっかく来ていただけるお客さまや関係先の方々に予めの予約制で私の手打蕎麦を振る舞いたい、そんな場も創りたい。

新しい「コラボ食堂」と蕎麦調理できる空間を創りたい。

もちろん、蕎麦打ち同好会はこの施設に移転。。。s

屋外では販売用の薪小屋があって・・・

毎日自由に予約制でできる薪割りスペースがあって、そこには玉切りされた針葉樹や広葉樹の原木がある。

定期的に薪割り大会を開催。

造園屋さんが不定期に伐採木を持ち込む原木貯木場も用意して・・・

 

何とも長閑で愉しい空間とその集う人たちの姿が脳裏を駆け巡っています。

難関は資金調達のみ!

まあ、諦めず今まで通りに頑張るしかありません。

 

追伸!

次回の手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」は同好会と同じ7月4日(土)です。

9月1日(火)の落語会「彩都 木楽亭」は桂吉弥さんの番です。

11時半と2時開演。。。

今シーズンの薪割り大会は4月で終了しましたが、今後は彩都「くらしの杜」東の広場で計画します・・・敷地の整備が完了し、決まり次第、また報告します。

彩都の薪割り大会スペースは7月の整備と少し遅れています!

毎日が笑顔と愉しさ満載のKJWORKSのホームページが、まだまだ未完成ながらようやく木の家づくり工務店らしくリニューアルしましたのでぜひご覧ください!

です。