「自分なりの実をつける」深い言葉ですね!

2015.7.18|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

「自分なりの実をつける」って深い言葉ですね。

深い言葉ですね。

自分なりの実をつけるって凄く深い言葉ですね。

私は24歳で家具やキッチンの仕事で自立の道を探り始め、若干のお金を貯めて27歳で会社を設立。

商社を退職後、インテリアショップや家具屋、そして建材問屋で、建築材料や住宅設備機器をメインとして、そこにオーダーキッチンや家具等をゼネコンやハウスメーカー、工務店、設計事務所などを通じてお客様に提供。

 

独立後、その延長でインテリアや家具仕事、オーダーキッチン、そしてドイツやイタリアの輸入キッチンなどの仕事を開始。

商売としては実に順調・・・

けど、お客様の声は全て間接的で自分がやりたい「お客様に喜ばれる志事」とは程遠く。

 

その後、平成に入って自社設計の家づくり工務店に脱皮。

7人ほどで年間13棟程度の新築工事をこなし、実にゆとりの堅実経営。

それでも自身「自分なりの実をつける」ことはできず。。。

そこで、一念発起!今から10年前に彩都「くらしの杜」を立上げて、理想のお客様に喜んでいただける木の家づくりに特化。

 

けど、それからが大変な日々。

工務店の儲け優先仕事には違和感を覚え、彩都「くらしの杜」を訪れるお客様が私たちKJWORKSの彩都「くらしの杜」に共感していただき、KJWORKSの家づくりの濃いファンになって頂ける・・・

そんな延長で家づくりが出来たら。。。

言葉では簡単ですが現実は程遠く。。。。。。。

彩都「くらしの杜」は今年が11年目。

10年を区切りに次の確かな10年に立ち向かう。。。

 

「自分なりの実をつける」。

自立の道を歩み始めてから37年。

会社設立してから34年。

未だ実が付かず。。。

偉大な人の話を聞くと「しんどかったころが一番楽しかった!」ってよく言われますし、よく聞きます。

ってことは今の苦しみは将来、一番楽しかった時になるのかもしれません。

やっぱ、今まで通り、前向きに今を愉しく生きないともったいなさ過ぎますね!

前向きに、直向きに、心底笑顔で、今を生きます。

 

 

追伸!

次回の手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」は8月8日(土)。その後に手打ち蕎麦同好会が始まります!

9月1日(火)の落語会「彩都 木楽亭」は桂吉弥さんの番です。

11時半と2時開演。。。

前シーズンの薪割り大会は4月で終了しましたが、今季は彩都「くらしの杜」東の広場で計画します・・・敷地の整備が完了し、決まり次第、また報告しますが・・・

彩都の薪割り大会スペースは土木工事屋さんが忙しく8月の整備とまた少し遅れています!

毎日が笑顔と愉しさ満載のKJWORKSのホームページが、まだまだ未完成ながらようやく木の家づくり工務店らしくリニューアルしましたのでぜひご覧ください!