メンテナンス工事は私も先頭でやります!

2015.12.11|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

モノづくりを標榜する工務店であれば、TOPも先頭を切ってメンテナンス工事をするのが常識。。。

私は最近、そのように悟っています。

中堅企業やそれなりの会社となって、社長やえらいさんはメンテナンスに行かない。。。

 

そんな会社が大半なのでしょうけど・・・

私たちKJWORKSではそれをしたらもうダメ!

TOP自らがメンテナンスに出向き、段取りし、対処することで、お客様の想いを理解し、反省や感激を自ら受け止めて次に進む。。。

実際は大変なんですが、それをやらないとTOPにはその情報が伝わらない。。。

TOPに伝えない。。。

そうなってしまうと信頼や信用なんて一気に無くなります。

 

も、トイレの消音工事を段取りし、大工を連れて施工してみました。

理屈では分かるのですが、実際完了して、トイレの排水を流してその消音程度をお客様と確認し・・・

実に喜んでいただけました。

ことの発端は、トイレをリビングの壁一枚向こう側につくったコト。

それが間取り上不可欠なら、遮音、消音対策をとるべきだった・・・

けど、7年前はその配慮が欠けていた・・・

それでご迷惑をおかけしていた。。。

 

これも私が自らメンテナンスしたから次の改善策やチェックを徹底指示できる訳です。

うやむやに処理して社内で問題点の共有ができないと次のお客様に申し訳ないし、ご迷惑おかけしたお客様にも申し訳ない。。。

ちょっとしたメンテナンスも今後の大きな財産。。。

これからもきめ細かなメンテナンスに励みます!