個人的にちょっと嬉しかったこと!

2016.3.14|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

この春で息子と娘の2人が揃って大学を無事卒業します。

息子は18日の国家試験の合格と共に内定した先の街へ引っ越しの準備に。。。

娘はというと勤務先の地域性を把握するまで致し方なく家から通うとか!

 

そんなこんなで今日は午後から仕事の用事で大阪市内へ出かけるコトがあって・・・

それでは家族揃って、彼らの見聞の為にイケアで生活用品や家具を見て周ろうかということに・・・

 

私の場合、いろんなものを観すぎているし、知りすぎていて。。。

眼も感性も一応肥えているし。。。

要らぬ口は災いの元と一切何も言わずただ見ているだけ。。。

それにしても恐ろしいほど安いし、パッと見は許せる。。。

 

一緒に見ていて娘で感じたこと。。。

彼女は一応、なんちゃって建築デザインを学び、来月から商業建築の会社に入社することもあってか・・・

見て周っているけど、欲しいものが無い!と私に言います。。。

 

これだ!っというモノが無い!

わくわくするモノが無い!

まあ、見るだけ為にはなる。。。そう言います。。。

なんだか嬉しくなってしまいました!

同じ血が流れているというか?感性が近いというか?

ちょっと親バカながら嬉しくなってしまいました!

 

そして、晩には息子に。。。

「せめてベッドだけは良いやつ買おうな!ベッドぐらいプレゼントするし。」

すると「家で使っているベッド持って行くわ!」。

このベッドも私の体への想いからもう14年前にマットだけで16万円ほど支払ったシロモノ。。。

大事なトコロをわかってくれてまあ、嬉しい限り。。。

こんな親ばかになれる日もたまにはいいもんですね!